食物酵素が便秘を解消する理由

近年注目されている腸活ダイエット。 腸内環境を整えるとダイエット効果だけでなく、美容や健康にも効果があると言われ、整腸作用のあるビフィズス菌や乳酸菌も注目されてきています。 このような商品は、乳酸菌やビフィズス菌に代表される“善玉菌”を投入する事で腸内に善玉菌の数を増やし、悪玉菌を力で押しのける事によって、腸内環境を整える狙いがあります。 でも、善玉菌を体外から摂取せずとも、食生活をちょっと変えるだけで、自然と腸内に善玉菌を増やす事ができます。

腸内の悪玉菌を増やすのはこんな食べ物

腸内に善玉菌を増やすのはもちろんとても大事ですが、それ以前に腸内に悪玉菌を増やさないように意識する事がとても大事です。 悪玉菌を腸内に増やす最も大きな要因の1つに“胃での消化不良”があげられます。 例えば、肉類や加工食品などは消化の悪い食べ物の代表格です。 これらは胃で十分に分解・消化される事はなく、消化不十分なまま腸へと届く事になります。 そうすると、このような消化不十分な食べ物のカスを食べて悪玉菌は増殖するのですよね。 結果、悪玉菌は腸内の食べ物を腐らせたり、ガスを噴出したりし始めます。 こうして腸内が有毒なもので充満してくると腸の運動量が落ちてしまうので、便が腸内に溜まるようになってしまい、便秘になるのですよね。

食物酵素が腸内環境を整える

前項で、消化の悪い食べ物が結果として腸内に悪玉菌を増やして便秘を引き起こす事をお話ししましたよね。 ですので、逆に消化の良い食べ物を摂るようにしていれば、悪玉菌を増やす大きな要因を1つ消す事ができるわけです。 とはいっても、消化の良い食べ物だけを毎日毎日選んで食べる事は実際にはできませんし、例えばお肉は消化に悪い一方で、私たちにとって必要不可欠な栄養素をたくさん含んでいるんです。 そこで、おすすめなのが食物酵素を含む食品を食事の前に摂る事です。 “酵素”は洗濯洗剤などにも含まれますが、酵素にはモノを分解して柔らかくする特性があります。 食物に含まれる酵素の場合は、お肉などの硬い食べ物の繊維を分解しお肉を柔らかくするので、食物酵素によって消化の悪い食べ物は消化されやすくなるのです。

食物酵素が豊富な食べ物とは?

それでは、食物酵素はどんな食べ物に含まれているのでしょうか? 主に、生野菜やフルーツに多いです。例えば野菜では、大根、キャベツ、山芋、ゴボウ、フルーツではリンゴ、キュウイなどが代表的です。 これら食物酵素の多い食品を、食前に食べる事で、胃の中に食物酵素が浸みて、後から入ってくる食べ物を酵素の働きで十分分解する事ができます。 是非、便秘解消や便秘の予防に食物酵素を活用してみて下さい。