健康的にダイエットするには脂肪とうまく付き合おう

「ぽっこりお腹」というと、中年男性のメタボリック症候群をイメージすると思います。 確かにメタボは女性より男性に多い傾向があります。 メタボの根本的な原因は内臓脂肪が溜まっているためなのですが、これは女性でも起こり得ることで気を付けなければいけません。

「肥満」どこが問題なのか?

メタボとは直訳すると“代謝症候群”と言います。肥満の中でも特にお腹周りに付く内臓脂肪が原因です。 この現象は、男性女性問わず代謝が落ちる中年世代に多く見られます。 このようなタイプの肥満は生活習慣病を引き起こすので、早めに対処する必要があります。 メタボ(代謝障害)が原因で引き起こされる生活習慣病の代表的なものとして
  • 高血(糖尿病)
  • 脂質異常
  • 高血圧
  • 脂肪肝
  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • ガン
このような病気があげられます。 お分かりの通りに、メタボはあなたが思っている以上に深刻で、死に至る病気のキッカケになってしますのです。 多くの人はこのタイプの肥満が後々危機的な状況に繋がることに気づいていません

脂肪は必ずしも「悪」ではない

だったら、食生活を改善し、脂肪の摂取を控えればよいのではないか?と考えるかもしれません。 しかし、脂肪は私たちが生きていく上で非常に大切な栄養なのです。 脂肪は、私たちが飢餓などにより食べ物が食べられなくなったときに、エネルギーに変換されていくので、水さえあれば数日間生き抜くことができます。 3大栄養素として、炭水化物、タンパク質、脂質がありますが、これらのうち、1グラムあたりのカロリーは、炭水化物とタンパク質が約4キロカロリーなのに対し、脂質は倍の約9キロカロリーのエネルギーをようしています。 ですので、脂質や他の栄養と比べ、少ない量でもエネルギーを効率良く得られるわけです。

健康的にダイエットするにはバランスが大切

脂質はダイエットの敵と思われがちですが、私たちは脂肪なくしては生きていくことはできません。 大切なのは、脂質の摂取を全くやめてしまうのではなく、摂り過ぎないことが重要なのです。 それに加え、脂質以外の栄養もしっかり摂ることです。 脂質はビタミンAやビタミンEなどの吸収を助けますし、ビタミンDを体内で合成するのにも必要な栄養です。 ビタミン類はダイエットの成功や美肌作りに欠かせない栄養でもあります。