レプチンというホルモンを利用してダイエットする方法

世の中には色々なダイエット方法がありますよね。 コンビニや書店に行けば、「酵素ダイエット」とか「糖質ダイエット」とか、ネットを見れば、ものすごい量のダイエット方法が載っていますよね。 そしてダイエットにまつわる商品も平行してたくさん出回ってますよね。 でも、そういった世に出回っているダイエット方法って、結構努力が伴うんですよね。 つまり例えば、糖質ダイエットであれば、毎日食事の管理をしなければならないですよね。 カロリー計算も必要です。 運動をして痩せましょう系の方法だと、毎日少なからず運動をしなければいけません。 やはりダイエットするのであれば何かしらの努力をせざるを得ないんですよね。 継続して努力するのが苦手だったり、時間がなくてなかなかできなかったりして、ダイエットを辞めてしまうなんて人もかなり多いのではないでしょうか? そんな中「ホルモン」のバランスを整える事によって簡単にできるダイエット法があったので、紹介したいと思います。

ホルモンダイエットとは?

「ホルモン」と一口で言ってもたくさんの種類があるのですが、今回焦点を当てるのは、脂肪細胞から分泌されるという『レプチン』というホルモンなんです。 ※ホルモンとは、体内の各組織で生成される、代謝、神経伝達などの活動に関わる物質の事です。 このレプチンは脂肪が増えてくると、満腹中枢に信号を送り、満腹感を感じさせたり、食欲を抑えたりするんです。 さらにレプチンは交感神経にも信号を送り、筋肉とか肝臓に「脂肪を燃焼させなさいよ!」という命令を出します。 ですので、レプチンってダイエットに欠かせないホルモンなんです。 もしこのレプチンがきちんと分泌されないとすれば、食欲を抑え切れなくなり、脂肪も燃焼されないという事になります。 そうなったらとても恐ろしいですよね。 つまり、ダイエットを成功させたいのであれば、このレプチンにちゃんとした仕事をさせてあげるという事が鍵になってくるわけです。

レプチンとうまく付き合っていく為には?食事をゆっくり摂る

レプチンが働き出すのは食事を初めてから20分後だと言われています。 ですので、早食いせずによく噛んで、時間をかけて食事をするようにしましょう。 要はレプチンが働きだす前に食べてしまうと満腹感が得られないわけなんですよね。 昔から「食事は良く噛んで、ゆっくり食べましょう」と言われてきたと思いますが、それは正論なんですね。 これを実践する事で、少ない食事量でも十分満腹感が得られる可能性がありますよね。 これまでレプチンとうまく付き合う事でダイエット効果が得られる事について見てきましたが、これだけでも高いダイエット効果が得られる事が分かったのはないでしょうか? 日常生活の中でちょっといした意識を持つ事で、お金をほとんどかけずダイエットはできるものですよね。