健康・ダイエットと腸内菌の関係性

ダイエットをするにあたって、腸内環境が大切というのは、今や常識となりました。 便秘のまますっきり美しく痩せるというのは、ほぼ無理と言ってもいいかもしれません。 またダイエットだけでなく、腸は体の中でも大変重要な役割を担っています。 腸は食べたものから栄養素を吸収し、老廃物を体の外に排出してくれます。 この働きが悪くなると、体に必要な栄養素は吸収されず、便秘となり、毒素が滞り、体に吸収されてしまいます。 今回は、そんな重要な役割である腸の働きについて、健康面とダイエット面の両方から見ていきたいと思います。

便秘になると病気になりやすくなる

腸の働きが悪くなり、便秘になると、ただ単に便が出ないだけでは済まなくなります。 腸内環境が悪くなると、免疫力が低下してしまうため、病気にかかりやすくなってしまうのです。 腸にはリンパ球がたくさん集まっていて、全身の7割程度の免疫管理を行っています。 通常、腸はウイルスや細菌を体内に取り込まずに、便として排出しますが、便秘になってしまうと、この排出がうまくいかなくなってしまうため、免疫力が低下し、病気になってしまうというわけです。 私たち人間は、腸に守られているといっても過言ではありません。 では、この腸の働きをよくして、免疫力をアップさせるにはどうすればよいのでしょうか? ポイントは善玉菌です。 善玉菌が多い腸内は、健康と言えます。 腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しているのですが、このバランスが大切。 悪玉菌は動物性たんぱく質を食べ過ぎると、毒素を作り出して急激に増加します。 一方、和食のようなヘルシーな食事にすると、善玉菌が増えます。 腸内環境のことを考えるなら、圧倒的に和食生活のほうが良いということですね

ダイエットのカギとなるデブ菌・痩せ菌

続いて、ダイエット面から腸について見ていきましょう。 ダイエットにおいても、腸は大変重要な役割を担っています。 腸の中にはさまざまな細菌が存在しているのですが、ダイエットに大きく関係しているのが、デブ菌と痩せ菌です。 デブ菌とは、消化された栄養素だけでなく、必要のないものまでもため込んでしまう性質を持っています。 一方、痩せ菌は健康的な体を作るために働く菌。 どちらが良い菌かは一目瞭然ですね。 デブ菌は主に遺伝が原因なので、母親が太っている人は自分にもデブ菌が多いと思ったほうがいいかもしれません デブ菌を減らすのに有効な食品は、和食の代表でもある納豆。 納豆は腸内環境を整える効果が非常に高いです。 またヨーグルトなどの乳酸菌もデブ菌を減らすのに活躍してくれます。 このように、腸内環境を整えることは、健康的にもダイエット的にも非常に良いことなのですね。 一度自分の食生活を見直してみましょう。