麹の効果を邪魔するアルコール

最近女性向けの美容・ダイエット雑誌で注目されている「麹」。 麹菌とは穀物にくっ付いて繁殖する食べられる菌なのですが、そうしてできた麹は「飲む点滴」とも呼ばれ、ダイエットはもちろんのこと、美容や健康にもすごく効果的と言われています。 では、麹とはどういうもので、どんなダイエット効果があるのかを紹介したいと思います。

酵素の宝庫「麹」とは?

そもそも麹とは米、大麦などの穀物に麹カビを添加して繁殖させたものです。 麹は酵素の宝庫と言われていて、穀物に含まれるタンパク質、脂肪、デンプンを分解する働きがあります。 このように栄養の分解にも関わるのですが、私たちにとってはそれ以上の恩恵があります。 つまり、デンプンやタンパク質のままでは私たちは美味しく感じませんが、酵素がそれらを分解してくれることによって旨味や甘味を感じるわけです。 日本人は昔から麹とは縁があり、醤油や清酒、味噌の製造に用いられてきました。

麹菌はダイエットに必要不可欠な酵素を生成する

麹を食事から摂取すると、私たちの体内で麹菌が繁殖しようとして菌糸を伸ばしていきます。 その作業の中で麹菌は酵素を作るわけです。 人間の唾液や胃液、膵液にも酵素は含まれ、食べ物を分解していきますが、麹菌もそれと同じようにアミラーゼなどの酵素を消化器官内に放出していくのです。 ですので、麹を食品として摂取した場合、私たち自身が分泌する酵素に麹菌の酵素が加わる形になります。 このように消化器官内に酵素がたくさん増えると、食べ物の消化が非常に良くなるわけです。 私たちが太る原因の1つに「消化が悪い」ことがあげられます。 例えば、揚げ物やジャンクフードは消化が悪く、私たちの体内で分泌される消化酵素だけでは十分分解されず、食べ物のカスのような形で腸に残り、その後悪玉菌によって腐敗してしまうのです。 このようなことが重なると、腸内環境が悪化し、代謝の機能が落ちるわけです。 ですので、食べ物の分解率を引き上げる麹はダイエットに効果的と言えます。

麹菌の働きを邪魔するのはアルコール

でも、麹菌の働きは様々な要因によって失われます。 例えばアルコールは麹菌の働きを邪魔する大きな要因です。 アルコールを飲むと、麹菌を含む「消化器官内」で有用に働く菌は消化器官にとどまることができず、流れて出でしまうのです。 消化器官で働く有用菌はアルコールに弱い傾向があるのです。 ですので、せっかく麹を食事から摂取してもアルコールを飲んでしまっては、その効果があまり期待できないという事になります。 麹の効果を引き出すためには、気を付けなければいけない点もあるというわけです。